昨年、仕事を辞めネパールへ3ヶ月行っていた長女は、
新しい職場の夏期休暇を皆既日食を見るために使い、
お盆は帰省しなかった。

 お盆前に電話で奄美での事を聞くと、皆既日食は奄美大島では、
辛うじて見られたらしく、それでも満足気であった。・・・が!

島の民宿の人に大変良くしてもらったため、「私も民宿やろうかな~」
と、言い出した。

ほんとうにこの娘の「私も~」が始まるとドッキリとする。

普通は話しただけで終わるが、この娘の場合、行動に移すということも
ありえるので、要注意だ!

「皆既日食の追っかけもいいなあ~。来年も行こうかな」
とも言ってるし、心配はつきない。(親をためしているのか?)

今度は何をしでかすのかとハラハラドキドキ。

心臓を鍛えておかないと・・・この娘の親はやってられない。

あと何年こうした思いが続くのかなあ~。




執筆 旅人のお供
スポンサーサイト