娘達も帰って、いつもの静けさを取り戻した我が家

昨日は母を連れて今年初の美人の湯へ行って来ました。

あまり混んではいなかったのですが、おもしろい現象がありました。

あんなに大きい浴場なのに、入り口側(エプロン側)に

皆背を向けて座っているのです。

自分はゆっくり湯につかりたいので対面側(壁側)に「すいません」と

人をかき分けてはいりました。対面側には自分一人!

そのうち入口側の人たちが一人二人と上がって行くと、

次に入ってくる人たちは自分と同じ対面側に座っていきました。

そうして気が付くと、対面側にずらり・・・

入口側には誰もいなくなりました。

自分が上がった後どうなるのか興味がありましたが、

喉が渇いて出ちゃいました。

人間の心理なのか?集団行動?

メンタリストに聞くときっとわかるんでしょうね

因みに昨日の入湯者は自分より年上で、現役を退いた方々が

多かったように思います。

若い年代は違うかもしれませんが・・・
スポンサーサイト