今年の盆休みは、13日から17日。

何をしていたかというと大したことはない。

お墓参りから始まり、連れ合いの実家に行きご馳走を食べ、

テレビで甲子園の観戦。

同級会に行って昔の話で盛り上がり、次に日は温泉に行ったりして過ごした。


と、特に書くことは無いのですが、いつもはミステリー小説しか読まない自分が、

本屋で目に留まった「君の膵臓を食べたい」 という青春小説を買ってみた。

一気に読んでしまった。(いつものミステリー小説と違って登場人物も少なく読みやすかったので)

しかしながら後半は、文字が見えなくなってきた。

涙が止まらなくなった。

本を読んでこんなに感動するとは・・・・・初めてだった。

しかしながら最後の文章でのすっきり感、こんな小説もたまにはいいもんだと思わされた

お盆の休日でした。



スポンサーサイト