実家の母は、私が実家に帰るたびに手編みのニットを
おみやげに持たせてくれる。綿や麻の糸で編むことが多い
ので、真夏を除いてほとんどの季節 着用できるのがうれ
しい。私には買えそうにない高価な糸で、編んでいるので
見栄えがする。そのためか、出先でよく声をかけられる。
「素敵なニットですねぇ。ちょっと見せて・・・。」
「自分で編んだの?」と 次々と質問される。
「いいえ・・・実家の母が・・・」と この年齢になって
言うのは少し恥ずかしいが、正直に答えている。

 シーちゃん(主人の母)は、ほんとうに手先が器用で、
手縫いの縫い目はミシンのようにきれいだ。
 人の良いシーちゃんは、ほめられるとすぐ難儀して作った
作品でも私にくれる。
 先月もらった布のショルダーバックは、紬風の布で作って
あり、さっそく友人達の集まりで披露。 称賛された。

 二人の母の作品をほめられるたび、私は幸せな気持ちにな
り、二人の母の愛情に恵まれたことに、感謝、感謝!

                         
                    執筆 旅人のお供
スポンサーサイト