昨日NHKで放送された「プロフェッショナル」

日本一のカツオ漁師 明神学武

1年のうち300日も船の上で生活し、漁師20人の生活だけでなく、

その家族含め100人程の生活の責任を負う漁労長。

温和な性格とは裏腹に内に秘めたる闘志がひしひしと伝わってくる人物でした。

その彼がぼそぼそと言っていた「プロとは、その仕事が好きで好きでたまらん人」

と言っていたのが印象的でした。

ちょうど録画していたドラマの一話が終わり、ちらっとチャンネルを切り替え、

ちょこっと見ようと思っていたら、最後まで見入ってしまいました。

それにしても超格好良いカツオ漁師、仕事観、人生観すばらしいです。

俺もまだまだ頑張らねば!








スポンサーサイト