先日、新宿高島屋で、とうとう小鹿田焼を見つけた!
ずっと探していたが、秋田ではなかなか見つけることができずにいた。

横手の器屋さんがあつかっているらしいと聞き、
そちらに行ってみようか・・・ネットで探そうかと迷っていた
調度そんな頃の偶然な出会いだった。

小鹿田焼は「飛び鉋」や「打ち刷毛目」など独特な装飾を持ち、
素朴な味わいがある。
益子焼や笠間焼のような日常使いの器であり、
私はこれらの素朴さが魅力の焼物が大好きだ。

我県の稲庭うどんのように、「一子相伝」が守られ、
10軒の窯元で、共有のブランド「小鹿田焼」を守っている。

中でも、私のお気に入りは、「飛び鉋」の文様。
絶対に手にいれたいと思っていたので、思いのぶんだけ時間を
かけて選んだ。
根気よい店員さんのおかげで、納得のゆく「小鹿田焼」の
皿たちを連れて帰ることができた。

いつか大分県・日田の窯元を訪れてみたいなあ・・・。

                     執筆 旅人のお供
スポンサーサイト